VerdeCorsa

家族と自転車の日記

白井滋杯 第58回社会人対抗ロードレース大会

平日の練習

月 休み

火 L6: 30sec on/30sec off x 10, 429W, 427W, 421W, 414W, 412W, 391W, 402W, 405W, 409W, 421W, 281kJ, 35TSS

     L4:272w(101%) 20min, 436kJ, 45TSS

水 体幹トレーニング

 L4:263w(97%) 20min, L4:270w(100%) 20min, 786kJ, 80TSS

火曜朝はL6インターバル。日曜深夜にCSC対策のインターバルを強行したので疲労感はかなりある。とにかく踏めるだけ踏もうとトライ。入りから全力を尽くすが420W台とまるでかからず。数本で垂れてその後は400W台でこなす。最後は何とか420Wまで上げて終了。このパワー域は疲労のたまり具合がモロに影響する。レースで重要なのもこの領域なので、やはりレース前は疲労を十分に抜くことが最優先だな。夜のL4は20min 272Wとしっかりパワーを出して。水曜もL4をしっかりこなす。1本目終了時脚がかなりきつい感じがして、レスト5minが終わる直前まで2本目に入るかどうか悩んだが、気がついたら再びギアを上げてラップボタンを押していた。迷ったら苦しい方を選ぶのはサイクリストの性だな。キツイキツイと思いながら、心に反してパワーがどんどん上がっていく。何故か1本目よりパワーが高くて、バテるから抑えなきゃと思いつつも脚がガンガン回る。最後数分は280-290Wで巡航していた。アドレナリンが出まくっていたのか。少し不思議な体験だった。最近L4やL5の練習ボリュームが少なくなっているものの、これらの領域のパワーが自然に上がって来ているので有酸素域の能力も向上しているんだろうな。来週からL4,L5のターゲットパワーを上げてみよう。木、金はレースに備えてレスト。土曜は少し脚を回して終了。

ダイエットについては、カロリー計算を取り入れたことで上手くいっている。当初基礎代謝+ワークアウトの消費カロリーを摂取カロリーに設定したら空腹感がかなり強く辛かったが、厚労省の推奨摂取カロリー(活動量低)2,300kcal+ワークアウトの消費カロリー - 300kcalを摂取カロリーに設定したところ無理なく継続できるようになった。摂取カロリーの範囲で好きなものを食べられるし、空腹に苦しむ事も無い。パワーメーターでワークアウトの負荷を正確に管理出来るように、カロリー計算によって食べるべき量が正確に管理できることは非常に有効だと感じている。木曜朝時点で体重62.8kgと緩やかに効果も出て来た。せっかく良い習慣を身につけたので、減量期が終わった後も継続してオフも体重があまり増えないようにしていこう。そうすれば減量期も短くて済むし。木、金はアンダーカロリーな普通食を、土曜は若干オーバーカロリーで炭水化物多めのカーボローディング食を食べた。

レース前日はトレーニングをしないので、早朝に道の駅・スーパーで買い出しをして、昼食も自炊。こういう時ぐらい家庭に貢献しなくては。原木のシイタケが手に入ったので、ハーブバターでソテーに。菌床のシイタケは臭くて食べられないが、原木のものは臭みが無くミルクのような旨みがあって好み。息子が欲しがったので渡したところ半分以上食べてしまった。残りは唐辛子と一緒にペンネとからめて頂いた。美味し。パセリの出物もあったので、久しぶりにサルサヴェルデを作って温野菜にかけて食べる。後は一緒に作ったサーモンのパッツァやサバのローストを少しつまんでおしまい。夜はサラダだけ食べて早めに就寝。

 

日曜は白井滋杯 第58回社会人対抗ロードレース大会 クラスBに参戦。

 

1:05, 32.6km, 123TSS, 944kJ, NP287W

 

朝は5時前起床。8時間程寝られた。起床時体重63.6kgで前回の都ロードよりは軽量。野菜スープとミューズリー150g、蒸しケーキを食べて6時前に出発。途中のコンビニでぶどうロールとコーヒーを買って摂取。8時前にはCSCに到着した。妻の軽自動車にETCを装着したので、今回から軽で移動。修善寺往復の高速・ガソリン代で約1,000円節約できる。何事も長く続けるためにはコストダウンが必須だ。前回は相当寒かったが今日はぽかぽか陽気なので、夏装備で走る。今日はチームメート2人も一緒。スーパー高校生とその子を育てた名伯楽のお父様。前目で走って自分のペースで展開した方が楽とアドバイスをいただいたので、今日はそのことを意識してみる。駐車場周りを2周して、スタート前に監視塔前の直線をグルグル走ってアップ終了。最後に自作ジェルとマグオンを流し込んでスタートラインへ。スタートダッシュは前回のクラスAと比べてかなり緩い。前目を意識していたので踏み込んで先頭まで上がる。一人かぶせて来て、2番手で1コーナーへ進入。1号橋後の登りも2番手で淡々と登る。アドバイス通り自分のペースで登ると楽だ。クラスAよりはかなりペースが遅く、その後も集団前目から中ごろで展開するが、やはり地脚が足らず3周目の最後の登りで千切れてしまった。その後は同じように落ちてきた人たちとゴールを目指す。千切れた後の4,5周目が精神的に一番辛く、途中棄権もちらっと考えたが名伯楽の応援もあって持ち直す。6周目に入ると終わりが見えてきたので、最後に向けて頑張ろうと気合を入れて踏む。ここからはペースの合った大学生と回してゴールまで。私は体重があるためか、登りは何とかついて行く感じで引いてもらい、逆に下りは他選手より踏まなくても加速するぐらいなので積極的に引く。最近までクライマー寄りかと思っていたが、少なくとも今は違うみたい。6周目の心臓破り後の下りでクラスAの先頭集団4人にラップされた。登り返しで少しついて行ったが明らかにペースが違う。これはクラスB全員ラップされたのでは。。圧倒的差を感じた。あの領域に行くのに何年かかるのだろうか。7周目の秀峰亭まで何とかたどり着き、ヘロヘロになりながらゴール。タイムは1:05ジャストくらい。リザルトはまだ出ていないので分からないが、前回のBクラス優勝タイムで見ると、先頭から2分半差と言ったところか。まだクラスBで勝負できるレベルではないけど、ひとまず車連のレースを初完走できたのは良かった。今後もクラスBに挑戦して、トレーニングの成果を確認していこう。

午後に予定があったので、レース後は急いで片づけて帰路へ。2時過ぎに帰宅して片付けしたりシャワーを浴びたり。コーヒー飲んで少しゆっくりした後、電車で浜松へ。この日はイギリスから一時帰国している同期を囲んで焼き肉パーティー。オーバーカロリーは不可避だが、せめてもの抵抗で炭水化物と揚げ物はほとんど摂らず、飲酒もなし。しかしスイーツはしっかり食べる矛盾。甘いもの絶ちは至難の業だ。。まぁお肉はおいしかったし、同期と騒ぐのも楽しかったので悔いは無い。また7月に帰国するというのでパーティが楽しみ。

 

今回の都ロードも私には厳しいレースだったけど、とりあえず完走できてよかった。2週間後のチャレンジロードで春の連戦はひとまず終了なので、そこまでは気持ちを切らさずにトレーニング・減量を積み重ねよう。