VerdeCorsa

家族と自転車の日記

シクロしずおか ふじのくにカップ第2戦

平日の練習

月 休み

火 L5:319w(123%) 3min, 327w(126%) 3min, 334w(128%) 3min, 324kJ, 43TSS

  L4:259w(100%) 20min, L4:256w(98%) 20min, 764kJ, 81TSS

体幹トレーニング

    L4:256w(98%) 20min, L4:257w(99%) 20min, 762kJ, 80TSS

木 L5:319w(123%) 3min, 328w(126%) 3min, 241kJ, 30TSS

    L4:255w(98%) 20min, L4:256w(98%) 20min, 740kJ, 79TSS

 

今週からL4の下限を255Wに設定。5W違うだけでかなりきついが火、水、木と何とかこなす。今週もL5はTTポジションで。火曜は結構パワーが出ていたが、木曜はL4を上げた関係もあって疲労がたまっており、TTポジションではバテやすく2本しかもたず。そんな感じでがんばって金、土はレースのために疲労抜き。金曜夜に突然右臀筋、大腿筋の付け根の方が痛くなり、ちょっと不安に。土曜に起きてみるとそこの痛みは治まっているものの今度は右側の腰が痛い。午前中寝てたら良くなったため安心していたら今度は日曜朝、右脚の付け根あたりが痛い。痛む箇所が移動している。何だこれ。試走してみて痛むようならDNSと決めてふじのくにカップのレース会場の竜洋へ。朝食はバナナナッツミューズリーとプレーンパスタ200g程。体重は測っていない。ど平坦なので気にしない。途中コンビニでコーヒーを買って飲む。

今回は初めてチームTT、チームロードに出場。私のチームはA,B2チームで登録していて、私はAチームへ。Aチームはオリンピック強化指定選手のスーパー高校生、当チームのエーススプリンター、強力なアタック力と独走力を誇るパンチャー、自転車1年生のクライマーな私、という布陣。どうしてこうなった。一応TTTの試走をしてみて足の痛みは無く安心したが、他の3人のレベルが高すぎて結構きつい。試走2周目の終わりにオールアウト寸前まで行ってこれはまずいな、と思っていたら案の定TTT本番ではついて行けず、1周走るところを約半周、バックストレートの途中でちぎれてしまった。後のロードのことを考えてゆっくり流しながらゴール。TTTのタイムでロードの出場カテゴリが決まるが、私以外の3人の活躍で余裕のロードA出場。

1時間程ロードBのレースを観戦した後、ロードAスタート。

 

0:59, 42km, 71TSS, 679kJ, 42.7km/h, NP 221W

 

私にはスプリントがないのでアシストに回りたいが、JPTやE1の実業団選手等、強豪選手が多数出場している中で逃げに乗ったりチェックに入ったりはできそうも無い。せめて勝負のかかる最終周でアシストできればとひたすら集団後方で脚をためる。時折マトリックスの佐野選手や他の選手がアタックして行くが、この平坦コースで脚のある集団相手に逃げは決まらず、すぐに吸収される。出走前は強豪選手多数のエントリーリストを見て何周ついていけるかな、なんて考えていたけど実際に走ってみるとそこまできつくは無く、最終周回までは余裕を持ってついて行けた。また、ロード

Aはさすがにレベルの高い選手が多く、危ない目に遭うこともなく走りやすかった。

最終周回に入り、どう動いたら良いか分からないのでとりあえずホームストレートで集団先頭付近に上がってみる。エースをチラチラ見ているとまだ早いとのこと。そこから指示をもらい1コーナーでチームのパンチャーの前に上がって、私-パンチャー-エースのトレインに。そこからうまく集団を抜け出せればよかったが、先頭の私が出られないでいるとバックストレートでスーパー高校生がアタック。高校生-パンチャー-エースのトレインで勝負となった。本当は1枚目に私が入ってもがかなくてはいけなかったのに、申し訳ない。結局チームとして優勝はできなかったが、初めてのチーム戦はとても楽しかった。アシストの仕方を勉強してまたトライしたい。次はBチームを希望。。

 

今週はレースがあったこともあり、399TSSと非常に低負荷。脚の痛みが出ていたのでどの道トレーニングはできなかったけど。その分来週はしっかり負荷をかけていきたいが、まずは脚を治すことを優先して無理はしないようにしたい。